◎メルテク上級編


●アドレス交換可否を見極める

いつアドレス交換するか?これは、ポイント消費の面から考えてもできるだけ早い方が良いですよね。


僕の場合は5往復〜7往復を目標にしています。


相手やメール内容(相性)で対応を変える場合もありますけど、


基本的には10往復以上にはならないように気をつけています。


アドレスを聞く時は自分のアドレスを送るようにしましょう。


相手に聞くと、やんわり断られてダラダラとサイト内メールを続けるだけに


なってしまいがちですが、自分からアドレスを送信して、


「僕のメルアドです。○○@△△.ne.jp。サイト内じゃなく直接やり取りしませんか?」


とハッキリ言ったほうが、


「相手がどう反応するか」で粘ってみるか、次の子を探すかを見極めやすくなります。



●高確率でメルアドを聞き出す

サイト内でのメールのやりとりから、アドレス交換へ関係を前進させるための

テクニックです。

サイト内で良い関係を築いていたら、アドレス交換はそんなに

難しい事ではありませんが、

より確率を高めるための方法があります。

最初に「サブアドでもいいから交換しない?」と言ってみましょう。

本アドはちょっと抵抗があっても、サブアドなら教えても良いかな?と

思う女の子は多いです。

本アドよりサブアドのほうが確実に敷居は低いみたいです。

サイト内でのメールのやりとりよりはお金がかかるわけですから

男の立場からすると、サブアドでも教えてもらえた方が断然良いですもんね(^^)

サブアドでも教えてくれない場合には、2つの選択肢があります。

脈ナシとして次の女の子を探すか、

その女の子のアドレスをどうしても知りたい場合は、

サイト内メールで仲良くなるように努力していく事です。

僕はよほど気になる女の子以外は次の女の子を探すようにしています(^^)

聞き出せる自信がある段階で聞いてみてダメな場合は

これ以上深追いしても無駄だと思っています(><)

押すか退くか見極めるのも大切なポイントだと思います(^^)


●会う約束をするタイミング見極め術

出会い系サイトの正念場とも呼べる「会う約束を取りつける」ですが、


女の子は実際に会うとなると、個人差はありますがガードは堅くなります。


女の子と会う約束をとりつけるには、タイミングが重要です。


メールで会話が弾み、親しくなってから誘うのが王道手段ですが、


くれぐれも焦りだけは禁物です。

すでにアドレスを交換し、直メールをしているのなら、


ここまで来て焦る必要もありません。


前もって、どういう会話の流れで誘うのかを決めておいて、


その方向へ誘導するようにメールをしていきます。


メールをする中で、前もって○○によく遊びに行く、カラオケが好き


観にいきたい映画があるんだよね、などの意志を伝えておいて


(ここでは誘わないようにしてくださいね)


時間を置いてから、「良かった一緒に行かない?」と聞く方法もアリです。


ただ「会おうよ」よりは、行きたい場所、行く目的、を決めておいてから、


伝えたほうが女の子も誘いに乗りやすいです。


●断られた場合の対応

いざ会おうと誘ってみて断られた場合、絶対にそこで終わりというわけではありません。


女の子の立場になって考えると、中には「軽く見られたくない」とわざと断ってくる女の子もいます。


会うのが嫌だから、会う気が無いからといって断っているとは限りません。


すでにアドレスを交換していて、誘って断られた場合も、


まだ相手からメールが入ってくるようなら、諦める必要は全くありません。


さらにメールで親交を深めて、また改めて誘えばよいだけです。


必ずしも嫌だから断ってきたとは限らないということを覚えておいてくださいね(^^)

実際に僕も、最初の誘いを断られた後に、2回目3回目で約束を


とりつける事ができたパターンは何度もあります。


会う会わないの会話が出た後もメールが続くという事は、


相手もまんざらではないんですよね。

あまりしつこく誘うのはNGですが、1度断られてもメールが続くなら


気落ちせず粘ってみてくださいね(^^)
管理人推薦優良出会い系リスト

(C)2008-2012
出会い系完全攻略
ALL RIGHTS RESERVED
- mono space -